フリーターをやるメリット

フリーターなんかやったってメリットはない。

しかし、本当にそうでしょうか。

フリーターにメリットがなければ今頃フリーターは絶滅危惧種です。

今回はフリーターのメリットについてお伝えします。

フリーターのメリット

働きたい分だけ働ける

フリーターのいいところは働きたい分だけ働けるところです。

必要最低限働けばあとの時間はフリーです。

ラッキー。

正社員だと必要最低限だけのみならず残業もしばしば。

やってらんねー。

というわけでせっかくフリーターになるなら、いっぱい休んじゃいましょう。

たくさん働く意味がない。

好きな時に働ける

またフリーターは好きなときにも働けます。

ちょっと高めの給料が欲しいときは深夜時間に働けばいい。

最高すぎる。

朝にちょこっと働くこともできちゃう。

時間に自由がきくのはとてもいいことですよね。

正社員だったら好きなときに働くことは不可能でしょう。

店長になれば話は別ですが、基本的に正規雇用の仕事は時間に融通が利きません。

好きな場所で働ける

好きな時だけでなく好きな場所で働けることもフリーターの魅力の一つです。

忙しいところが嫌だったら、人目を避ければオッケー。

なんて自由なんでしょう。

また異動だって基本はありません。

社員とは大違い。

全国を飛び回る社員も珍しくありませんから。

ああ社員ってなんて不自由なんでしょう。

好きな人と働ける

そしてフリーターは好きな人と働けます。

好きじゃなかったらやめればいいだけの話ですから。

フリーターはとにかくいつでもやめられます。

一方で正社員はクソな上司に当たったら一発KO。

やっぱり働く場所はいっしょに働く人で選ばなきゃね。

気楽でいい

「フリーターは気楽でいいよな」

本当にその通りです。

気楽じゃなければやってられないチューの。

アルバイトのミスは社員さんの責任です。

アルバイトは負いたくても全責任は負えません。

フリーターのメリットを生かすには

だけれども、ただ働きたくないという理由でフリーターになるのはあまり意味がありません。

せっかく自由気ままなフリーターなのだから、有意義に過ごしましょう。

確かにフリーターはメリットだらけですが、かと言って一生フリーターでいるわけにはいかないのです。

ですから何か、目標を持つことをおすすめします。

もはや一度フリーターから通常のレールに戻るのは難しいのですから、ここは一発大逆転を狙うしかありません。

アイス食べまくって、アイス評論家にでもなりますか?

バンド組んでメジャーデビューするのも悪くないでしょう。

目指せ人生大逆転。