フリーターは正社員じゃなくて一発当てよう

正社員は素晴らしい。

しかしフリーターにとってもはやそれは絵空事。

一回フリーターになってしまった時点でもう詰みです。

そうそれが日本の社会。

そんなわけでフリーターは一発当てましょう。

今回は一発当てるために必要なことをお伝えします。

好きなことを見つける

一発当てるにはやはり好きなことでなければなりません。

好きじゃないことを続けるのは不可能だからです。

漫画家は絵が書くのが好き。

歌手は歌うのが好き。

サッカー選手はサッカーが好き。

あなたの好きなことはなんですか。

あなたを夢中にさせることがあなたをすごいところに連れていってくれるのは間違いありません。

ですから一発当てるなら好きなことを見つけましょう。

話はそれからです。

一発当たらなくてもまいっか

努力が報われると思ったら大間違いです。

一発当てるにはやはり運も必要です。

ですから運要素的にも一生当たらないことがあります。

それでも「まいっか」という人は逆説的ながらも一発当てられる可能性が高いでしょう。

なぜなら好きでやってる分、長続きできるからです。

結局我々がコントロールできるところは続けること。

運要素はどうにもならないのです。

だからこそ継続するためにも「当たらなくてもまいっか精神」が必要となります。

運は試行回数でカバー

運がない人は試行回数でカバーするしかありません。

逆にいうと、運がめちゃくちゃある人でも試行回数が少なければ、最終的には消えるがオチです。

つまり運というのはスタートダッシュでは役に立つものの、生き残るためには一切不要です。

むしろ生き残るためには経験が生きてきます。

経験があれば、それに基づいた判断を下せることができるでしょう。

花咲くのが遅かれ早かれ、結局長生きするためには試行回数が必要です。

試行回数を増やすためにはやっぱり熱意が一番でしょう。

というわけで運のない人は試行回数でカバーです。

フリーターが一発当てた方がいい理由

どうしてフリーターが一発当てた方がいいのかというと、正社員よりも一発当てやすいからです。

正社員だといい意味でも悪い意味でも現状で満足してしまいがち。

ところがフリーターだとそうはいきません。

なんせ、給料が安いですし。

またフリーターの方が多くのリソースをそのことに費やすことができます。

そういう意味でもやはりフリーターは一発当てやすいと言えるでしょう。

それにフリーターが正社員になろうかどうか迷っているくらいならその夢は諦めた方がいいです。

熱量が足りませんし、いずれ挫折もするでしょう。

だからこそ我々フリーターは正社員の道を捨てて、全てをかけ一発当てに行くのです。