フリーターは就職した方がいいの?

フリーターは就職した方がいいです。

しかし、それは就職した方がいいかどうか疑問に思う人に限ります。

今回はフリーターが就職すべきかどうかについてお伝えしましょう。

不安だったら就職しよう

就職すべきかどうか疑問に思うということは不安の表れです。

就職していないくらいで不安になるようだったら就職した方がいいでしょう。

フリーターでいることに不安があるのですから、就職すれば一発で解決です。

フリーターは嫌嫌やるものではなく、自らが好んでなるものですから。

好きでフリーターをやろう

好き好んでフリーターをやるならなんら問題ありません。

それは自らの選択ですから。

他人がどうこう言おうと、自分が良ければ全てよし。

自分の人生は他人ではなく自分が決めるものです。

一生フリーターの覚悟を

またフリーターをやる上で覚悟しなければならないのは、一生フリーターです。

もし仮に自分が中年フリーターになってもいいという覚悟があるならフリーターを謳歌しましょう。

一方でちょっとでも豊かな家庭やマイホーム、マイカーなどを想像してしまうようならフリーターは向いていません。

脳内にいわゆる普通の家庭がプログラミングされている状態ですから、フリーターでいてもいいことはないでしょう。

絶対に就職してはいけない人

一生フリーターなんのその。

俺は人生だってかけているという人は絶対に就職してはなりません。

結局、人生は継続です。

継続の力はハンパないです。

人生をかけられるくらい熱くられるものならきっと成功するでしょう。

人生は運です。

だからこそ、当たるまで繰り返し繰り返し継続しなければなりません。

成功は30歳までにやってくるというようなシンプルな話ではないのです。

30代フリーターは就職が難しい

20代フリーターは比較的簡単に就職が決まるそうですが、30代はやっぱり厳しいそう。

そんなことから数多くの夢追い人が30歳手前を機に就職していきます。

自分が30代になったときのことを想像してみましょう。

フリーターでも構いませんか。

それだったらあなたにはフリーターの器があります。

決して就職なんかしてはいけません。

人生は常にうまくいかなかったときのことを想定するといいでしょう。

大抵のことがうまくいかないのですから。

自分への見積もりはかなりハードル高く設定することをおすすめします。

その上で、自分が就職すべきかどうか考えましょう。

特に目標がない人

中には目標がない人もいるでしょう。

目標がなければフリーターをやるメリットはあまりありません。

しかし、それだって自分が良ければ全てよし。

目標があろうとなかろうと、フリーターになるかどうかは自分が決めることなのですから。